次に首になる世界のリーダーのオッズ

ざっくり言うと

  • 次に役割を終えるリーダーの1番人気は、菅首相で2倍
  • 2番人気は、ボルソナロ ブラジル大統領で3.75倍
  • 3番人気は、バイデン アメリカ大統領で7.5倍

なんでも賭けの対象にしてしまう世界のギャンブル市場。
2021年8月26日、gambling.comが面白いオッズを紹介していました。

Which World Leader Will Leave Their Role Next?
(次に役割を終えるのはどの世界のリーダーか?)

新型コロナウィルスの大流行、ポピュリズムによる混乱、差し迫った世界的な金融危機などによって、次はどの世界のリーダーが首を切られるのか憶測が飛び交っています。
gambling.comは、オッズから次に職を失う可能性のあるトップを考察しています。

 

◆次に役割を終えるリーダーのオッズ

菅義偉:日本総理大臣<2倍>
ジャイル・ボルソナロ:ブラジル大統領<3.75倍>
ジョー・バイデン:アメリカ大統領 <7.5倍>
ジャスティン・トルドー:カナダ首相<8倍>
エマニュエル・マクロン:フランス大統領<8.5倍>
ボリス・ジョンソン:イギリス首相 <11倍>


『菅氏が日本の総理大臣を辞めるのは、ほぼ必然のように思われる。これまでに1万5,700人もの命を奪ったコロナ問題で、72歳の菅氏は悲惨な対応を指揮してきた。さらに悪いことに、オリンピックの前夜に東京で感染者が急増し、菅氏は国民の命と開催中止による経済的コストとの間で選択を迫られた。結果、オリンピックは無観客開催となり、菅氏の支持率は29.1%と、過去9年間で最悪の数字となっている。』(gambling.comより)

 

◆さいごに

世界的な新型コロナウイルスの拡大で、どこの国のリーダーも似たようなものかと思っていましたが、世界的に見ても菅総理の危うさはダントツのようです。最近のニュース映像での菅総理は、めっきり元気がなく、視ているこちらが心配になるレベルです。

私見として、菅総理は超優秀な方だと思っていますが、あまりにも総理大臣になったタイミングが悪すぎたのかと。