メーガン妃の子どもの名前、一番人気は「Diana」(11倍)

ざっくり言うと

  • 何でも賭けの対象にしてしまうブックメーカー、メーガン妃の子どもの名前は?
  • 一番人気は「Diana」(11倍)、次点は「Alice」(13倍)
  • 以下、15倍で「Charles」、「James」、「Victoria」

村田選手、残念…

イギリスの大手ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」の前日のオッズは、村田「1.17倍」:ブラント「4.50倍」。ブラントの判定勝ちまで当てた場合のオッズは、「8.00倍」でした。

オッズは、圧倒的に村田選手優勢だったんですけど。
これだから、スポーツは面白い、また、スポーツベッティングは面白いということですね。


久しぶりにブックメーカーのサイトをのぞいたので、最近話題のネタを。

10月15日、英王室によって、ヘンリー王子の妻メーガン妃の懐妊を発表されました。

何でも賭けの対象にしてしまうブックメーカー、本件も例外なく、ベッティングがスタートしています。

まず、子どもの名前ですが、
一番人気は「Diana(ダイアナ)」(11倍)、次点は「Alice(アリス)」(13倍)。
以下、15倍で「Charles(チャールズ)」、「James(ジェームス)」、「Victoria(ビクトリア)」と続きます。

上位に「Dianaダイアナ」と「Charles(チャールズ)」が入っているところがなんとも。仏教でいうところの因果を感じますね。


イギリスの大手ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」のオッズ(2018年10月21日現在)

Diana 11.00
Alice 13.00
Charles 15.00
James 15.00
Victoria 15.00
Alexandra 17.00
Alfred 17.00
Andrew 17.00
Edward 17.00
Elizabeth 17.00
Phillip 17.00
Alexander 21.00
Grace 21.00
Oliver 21.00


何でも賭けの対象にしてしまうブックメーカー、「名前」だけでなく、「性別」、「生まれる日の曜日」、「生まれる時間」まで、賭けることができます。
こちらのオッズは、「ラドブロークス(Ladbrokes)」より。(2018年10月21日現在)

Harry + Meghan's First Child(名前)
Victoria 8/1
Albert 10/1
Arthur 10/1
Phillip 10/1
Alice 12/1
Diana  12/1
Alexandra 16/1
Alfred 16/1
Charles 16/1
Elizabeth 16/1
James 16/1
Alexander 16/1

Gender(性別)
Boy 10/11
Girl 10/11

Day of Birth(曜日)
各曜日 5/1

Time of Birth(時間)
Morning (Midnight - 11:59am) Evens
Evening (6pm - 11:59pm) 2/1
Afternoon (Midday - 5:59pm) 5/2

※ラッドブロークス(Ladbrokes)のオッズは、ヨーロッパのブックメーカーで一般的なフラクショナル(分数)で表示されています。分子が配当、分母がベット額です。
フラクションを日本の競馬などでなじみの深いデシマル(倍率)に変換すると、
例えば、「1/4(Aチーム勝ち) 5/1(引き分け) 9/1(Bチーム勝ち)」の場合、
「(分母+分子)÷分母=(1+4)÷4=1.25倍」となります。


最後に、興味深いのは、同じ名前のベッティングでもブックメーカーで、ずいぶんオッズが異なっていることがわかります。スポーツベッティングのプロは、このオッズ差をうまく使って利益を出す(リスクを減らす)らしいです。

スポーツベッティングは、CAZYも素人なので、これから勉強していく予定です。