カジノディーラーって儲かるの?

ざっくり言うと

  • 末端ディーラーの平均年収は360万円?
  • 世界のカジノディーラーの平均年収は560万円
  • ラスベガスはチップがメインで平均年収1000万円

参照記事

参照メディア Kindai Picks

CAZYはこう思う

CAZY
カジノ&リゾート研究所

あまり語られることのないカジノディーラーのお給料の話。
きちんとした方が語っている記事は珍しいので、ご紹介です。

お話されているのは、シンガポール・マリーナベイサンズの元ディーラーで、現在、日本カジノスクールでマネージャーを勤める北垣氏。

「国によって差はありますが、基本的なディーラーのお給料は20万円~30万円くらい。カジノは24時間365日営業しています。夜勤もあってこれなのでまあまあ……って感じですね。」

「給与の相場観は施設総工費に影響されます。日本はおそらく8000億円ほど総工費がかかるので、25万円くらいが相場でしょうね。そこにチップ収入が月平均3万円くらいプラスされるかもしれません。」

末端のディーラーであれば、月に30万円として年360万円。
そこに賞与や諸手当が入っても、貰えて年500万円ぐらいでしょうか。
ディーラーは、正確なディーリング技術、高いホスピタリティ、若干の語学力が求めらるとは言え、基本的には労働集約型の技術職と考えると、まあまあと言ったところ。

ちなみに、各国・各職種の平均年収を紹介するポータルサイト「平均年収.jp」のデータを見ると、世界のカジノディーラーの平均年収は560万円とのことなので、世界と比べるとちょっと安いかも。


「(お客さんがくれたチップは)ラスベガスも基本シェアです、一流ホテルのカジノディーラーのチップ収入は1日あたり3万円くらい。月々80万円くらいはチップでもらっています。そこに月々の給料が15万円くらいつく。年収は1000万円ほどですね。」

ラスベガスの1000万円は驚くほど高く思えますが、そもそもアメリカは平均年収も物価もあらゆるものが高いので、日本の物価水準に換算すると600~700万円ぐらいと考えてよさそう。
ちなみに、カジノのある国でぱっと思いつく国の平均年収は下記。

平均年収国別ランキング:( )内は順位
データソース:グローバルノート - 国際統計・国別統計専門サイト

スイス(1)1,140万円
オーストラリア(5)841万円
米国(8)686万円
イギリス(12)652万円
フランス(16)575万円
イタリア(17) 458万円
日本(18)456万円
韓国(21)379万円


と言うことで、カジノが好き華やかな仕事がしたいしがらみに縛られたくないといった人は、カジノディーラーを目指すのもいいのではないでしょうか。

加えて、日本語・英語・中国語の3か国語がネイティブレベル、VIPを担当できるほどのホスピタリティを持ち合わせているなど、お給料が高くなる要素も豊富ですし、スーパーバイザーやフロアマネージャーなど上席を目指すこともできますし。

余談ですが、カジノ関係者は自国カジノでは遊べないとするのがアジアのスタンダードになりつつあるので、そこはご注意を。まぁ、海外のカジノで遊べばいいだけの話ですね。