パチンコからの引退を決意!

ざっくり言うと

  • 特定警戒都道府県以外の34県では段階的に休業要請を緩和へ
  • 休業要請中の特定警戒都道府県でも違法な再開が相次ぐ
  • 養分として30年以上尽くしてきたパチンコ引退を決意

2020年5月4日、政府は、対象地域を全国としたまま、緊急事態宣言を5月31日まで延長することを発表しました。13の特定警戒都道府県(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・福岡・北海道・茨城県・石川県・岐阜県・愛知県・京都府)では引き続きこれまでと同様の取り組みを継続し、それ以外の34の県では段階的に自粛要請を緩和していくとしています。ただし、可能だと判断すれば、31日を待たずに宣言を解除する考えを示しました。

 

◆パチンコ店も利用制限の解除対象に

FNNの報道によると、13の特定警戒都道府県以外の34県のパチンコ店は、マスクの着用、およそ2メートルの座席間隔、客の入れ替え時の消毒など、感染防止策を徹底すれば施設の利用が可能になるとのことです。ただし、利用制限を解除するかの判断は、各自治体に委ねられています。

「特定警戒都道府県以外の34県では、劇場、映画館などは、マスクの着用や十分な座席間隔の確保などを前提に、利用制限の緩和や解除が可能とした。また、百貨店や理髪店などのサービス業には、パーティションを設けたり、人との距離を保つことなどを再開の条件とした。一方、パチンコ店についても、マスクの着用や、およそ2メートルの座席間隔、客の入れ替え時の消毒など、感染防止策を徹底すれば施設の利用を可能とした。」(FNNより)

 

◆休業要請中の特定警戒都道府県でも再開が相次ぐ

5月7日以降、引き続き休業要請が続いている特定警戒都道府県では、100軒以上のパチンコ店が休業要請を無視して営業を再開し、その惨状が大きくメディアに取り上げられています。また、今後、この動きに追随して営業を再開するパチンコ店も少なくないようです。


(画像出典:NHK

 

◆大手ホールは法令順守で対応

大手ホールは、休業要請の指定解除を受けた地域に限定して、感染防止対策を強化徹底したうえで営業を再開しました。

マルハンは、5月7日から46店舗で営業を再開したことを発表しました。再開したのは、青森、秋田、岩手、宮城、長野、鳥取、岡山、香川、佐賀、長崎、鹿児島の11県。
 
ダイナムは、5月7日から101店舗の営業を再開したことを発表しました。再開したのは、青森、秋田、岩手、宮城、長野、鳥取、島根、岡山、香川、佐賀、長崎、鹿児島の12県。

 

◆さいごに

休業要請を無視する身勝手なパチンコ店とそこに群がるパチンカーには、自身もパチンコファンのひとりですがさすがに憤りを覚えました。また、養分として30年以上尽くしてきたパチンコですが、まさかこんな形で引退することになるとは夢にも思いませんでした。

同様の理由で引退を考える人は少なくないと思います。今回の一連の騒動が、パチンコの終焉を加速させことは間違いないですね。

<5月16日追記>
緊急事態宣言の一部解除を受けて、自粛の対象外となった多くの地域でパチンコ店が営業を再開していますが、解除されていない地域でも再開が相次いでいます。メディアの報道によると、5月14日の時点で、東京都で32店舗が、千葉県で約70店が、埼玉県で145店舗が営業しているとのことです。
相変わらずですね。。。