日本カジノスクールが異次元の値下げを敢行(期間限定)

ざっくり言うと

  • 日本カジノスクールが、2020年10月入学に限り授業料の大幅割引を実施
  • ディーラーを目指す目指さないにかかわらず、ギャンブルを学ぶという点で超おススメ

日本初のカジノスクールで業界内での評価も高い、日本カジノスクールが、2020年10月入学に限り授業料の大幅割引を実施するとのことです。

『金銭的な理由で入学を断念している方々のために、今回、2020年10月入学に限り、過去に例がない次元の授業料割引に踏み切ることを決めました。この時期に本当にやる気のある方だけにご入学いただきたいので、詳細は「スクール説明会・体験入学」でのみお伝えしております。まずは、説明会・体験入学にお越しください。』(日本カジノスクールより)

日本カジノスクールのお知らせはこちら

 

◆さいごに

告知ページの文面が、あまりにも自虐的で笑ってしまいました。

世界のカジノ業界のニュースをウォッチしていますが、最近は、前年対比▲90%以上の壊滅的な業績発表が相次ぎ、従業員のレイオフ(一時解雇)を超えて人員整理(永久解雇)の記事が増えてきました。

コロナ禍によって、従来の詰込み型ビジネスモデルが成立し得ないことが明らかになった今、ギャンブルの主戦場はオンラインにシフトし、ランドカジノ(施設)は富裕層向けのより贅沢なものと低コストのマシンへの二極化が進んでいくはずです。

オックスフォード大学の論文やマカオの人材発展委員会の見通しでは、今後、ディーラー職は技術革新によって減少傾向にあるとされていますが、コロナ禍によってそのスピードは加速したように思います。

一方で、誕生が期待される日本カジノは、世界的に見て常軌を逸したライセンス条件、ありえない税制、地元住民の反対、政治家の汚職と、まったく先行きが見えません。

CAZYは、自身がカジノディーラーになる気は毛頭ありませんでしたが、ギャンブルの知識を学ぶために日本カジノスクールのお世話になりました。先生達は皆親切でスキルも高く、100万円(一番高いスーパーバイザーコース)の学費に見合う経験ができました。カジノに行ったら毎回100万円は確実に熔かしていたので、十分に元は取れたと思っています。

ディーラーを目指す目指さないにかかわらず、ギャンブルを学ぶという点で、このレッスンが格安で受けられるのは超おススメです。異次元の値引きがいくらなのかは不明ですが、ご興味のある方は、説明会に参加されてみてはいかがでしょうか。

日本カジノスクールのお知らせはこちら

(7月31日追記)
ラスベガス・サンズのシェルドン・アデルソン会長が日本IRの問題点を語っていますが、まさにそのとおりかと。現在の条件では海外VIPが日本カジノにお金を落とすとは考えづらく、日本人のマス相手に小銭を積み上げるモデルが本命。となると、スロットマシンだけでなく、テーブルゲームもマシンが主流とならざるを得ず、言うほどディーラーの需要は生まれないと考えた方がよさそうです。

関連記事:with コロナ時代のスタンダード?次世代ルーレットテーブル