【闇深】捜査中の笠松競馬の騎手ら4人、突然の引退

ざっくり言うと

  • 6月20日、岐阜県警が競馬法違反の疑いで調教師と騎手3人の自宅や厩舎を家宅捜索
  • 競馬法では、八百長の防止を目的として、競馬関係者の馬券購入が禁じられている
  • 8月1日、馬券購入の疑いが持たれていた騎手・調教師の4人が突然の引退を発表

2020年8月2日、朝日新聞デジタルの報道によると、岐阜県の笠松競馬で、馬券購入の疑いが持たれていた騎手・調教師の4人が、突然の引退を発表したとのこと。

『岐阜県笠松町の笠松競馬で、調教師1人と騎手3人の計4人が、レース出走に必要な免許が更新されず、引退したことが8月1日わかった。調教師・騎手免許を交付する地方競馬全国協会(NAR)が同日、ホームページ(HP)上で4人を「引退」とした。』(朝日新聞デジタルより)


朝日新聞デジタルの報道によると、笠松競馬をめぐっては、6月20日、岐阜県警が競馬法違反(馬券購入)の疑いで調教師と騎手3人の自宅や厩舎を家宅捜索し、捜査が続けらていました。

競馬法では、八百長の防止を目的として、競馬関係者の馬券購入は禁じられています。

<競馬法第29条>
次の各号に掲げる者は、当該各号に定める競馬の競走について、勝馬投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。

⑦中央競馬の競走に関係する調教師(競走馬の飼養を行う者を含む。以下同じ。)、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 中央競馬の競走
⑧地方競馬の競走に関係する調教師、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 全ての地方競馬の競走
⑨日本中央競馬会、都道府県又は指定市町村が勝馬投票券を発売する海外競馬の競走に関係する調教師、騎手及び競走馬の飼養又は調教を補助する者 当該海外競馬の競走
⑩その他競馬の事務に従事する者 当該競馬の競走

 

地方競馬全国協会によると、調教師や騎手の免許は1年ごとに更新が必要で、面接試験などで審査され免許更新となりますが、該当の4人は有効期限の7月31日を持って免許更新がなされず、引退となっています。

地方競馬全国協会は、4人の免許が更新されなかった理由について、「警察の捜査に関わることで、現状ではお答えできない」と、また、家宅捜索を受けたとみられる調教師は「辞めるときに話す」と朝日新聞の取材に回答しているとのことです。

岐阜県地方競馬組合は、「競馬関係者の法令順守の重要性についての意識改革及び抑止力としての監視体制の強化を主眼とした公正確保強化策を推し進めている」とし、「詳細が判明しだい発表させていただく予定」としています。(8月5日追記)

 

◆八百長が噂されているレース


笠松競馬で騎手と調教師が馬券購入!八百長発覚レース

 

◆さいごに

昨年7月の八百長ボートレースは、素人目で見てもあからさまでしたが、競馬は馬がやることなので八百長の判定は難しいところがあります。八百長が噂されている騎手にやる気のなさを感じなくもありませんが、ここは岐阜県警・検察からの続報を待ちたいと思います。

いずれにしても、八百長は、公営ギャンブルファンへの冒涜であり、本当に興ざめです。
厳正な捜査を望みます。


関連記事:競艇史上、最悪レベルの八百長疑惑

関連記事:【続報】競艇史上、最悪レベルの八百長