闇カジノには出入りするべからず!(大阪の事件ふたつ)

ざっくり言うと

  • 大阪・ミナミでインターネットカジノ摘発 従業員3人と客2人を逮捕
  • 男性2人が拳銃で撃たれ意識不明 大阪・ミナミのインターネットカジノ店
  • 闇カジノはまったくもって割にあわないので、絶対に行かないが賢明

昨日本日で報じられていた、大阪ミナミの闇カジノを舞台にしたふたつの事件。
ひとつは闇カジノでの逮捕劇、もうひとつは同じく闇カジノでの発砲劇

やっと大阪カジノが現実味を帯びてきたこのタイミングで、大阪の、またカジノのイメージが悪くなることは、本当にやめていただきたい。

<関テレ>
大阪・ミナミでインターネットカジノ摘発 従業員3人と客2人を逮捕

「大阪・ミナミのインターネットカジノ店が摘発され、従業員と客、合わせて5人が逮捕されました。(中略)客は料金を支払い、ポーカーやバカラなどのゲームをして、獲得したポイントを現金と交換していたということで、警察は店にいた客の男2人も賭博の疑いで現行犯逮捕しました。」

<毎日放送>
男性2人が拳銃で撃たれ意識不明 大阪・ミナミのインターネットカジノ店

「11日未明、大阪市中央区のインターネットカジノ店で客と従業員が男に拳銃で撃たれ、意識不明の重体です。(中略)警察によりますと、11日午前0時40分ごろ中央区宗衛門町のインターネットカジノ店で男が拳銃を発砲、男性従業員が頭部を男性客が胸を撃たれ、2人とも意識不明の重体です。」

※3月12日追記・続報
<NHK NEWS WEB>

カジノ店発砲 常連客の行方捜査

「男は店に入ってきていきなり従業員を撃ったあと、もみ合いになった男性を撃ち、拳銃を置いて走り去ったということです。」←怖すぎ…


逮捕だけでなく、撃たれることまであり得るとなると、闇カジノはまったくもって割にあわないので、絶対に行かないが賢明ですね。