新型コロナウイルス:命に勝るものはなし(マカオ)

ざっくり言うと

  • 1月30日、マカオでの新型コロナウイルスの感染者は7人に
  • 春節ゴールデンウィーク6日目までのマカオへの旅客数は、前年比で76.5%の減少
  • ウィン、サンズの株価は、約15%の下落

※1月30日更新

中華圏で猛威を振るう新型コロナウィルス。
新型コロナウイルスの伝染状況をリアルタイムで表示するマップを米ジョンズ・ホプキンス大学が公開しています。このマップでは、世界各国における感染・死亡・回復の件数を確認することができます。


新型コロナウイルスの伝染状況確認マップ(ジョンズ・ホプキンス大学)

本マップによると、新型コロナウイルスは、現時点で感染者7,783名、死者170名と加速度的な拡大を見せており、中国からの旅行者を中心に、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、日本にも拡がっています。


新型コロナウイルスの拡大推移
(ジョンズ・ホプキンス大学)

 

◆マカオにも多大な影響が

マカオでも、1月30日現在、21日の初の感染者確認からマカオの新型コロナウイルスの感染者は7人となりました。

マカオ政府観光局の発表によれば、春節ゴールデンウィーク6日目までのマカオへの旅客数は76.5%減の24万3,204人、中国本土旅客に限ると81.7%減の13万9,580人となっています。

この来訪者の減少を受けて、マカオでカジノを運営するウィンやサンズの株価も軒並み約15%の下げとなっています。


ウィン・リゾーツ(Bloombergより)


ラスベガス・サンズ(Bloombergより)

 

◆対応を迫られるマカオカジノ

1月22日、マカオ政府は、マカオにあるすべてのゲーミングフロアでの業務に従事するスタッフにマスク着用を義務化し、ゲスト用及び従業員用入口に体温検測装置の導入、武漢訪問者の入場制限、一部施設の閉鎖など、あらゆる防疫対策を進めています。


(写真出典:DICJ)

 

◆さいごに

命あってのギャンブル人生につき、さすがに、しばらくはマカオには近寄らない方がよさそうです。また、日本国内での過度な心配は無用かと思いますが、明日、明後日、パシフィコ横浜で開催される「第1回統合型リゾート産業展」は大混雑も予想され、行くのは躊躇しています。楽しみにしていたイベントにつき、しっかりマスクをつけておけば大丈夫ですかね。