カジノが9億円のジャックポットの支払いを拒否(オクラホマ州)

ざっくり言うと

  • オクラホマ州のカジノで約850万ドル(約9億円)のジャックポットを当てた女性
  • カジノは、機械の故障を理由に支払いを拒否
  • 2011年にアイオワ州で起こった同ケースの裁判では、カジノ側が勝利

FOX25が報じたニュースによると、オクラホマ州のニューキャッスルカジノで約850万ドル(約9億円)のジャックポットを当てた女性に、カジノは機械の故障を理由に支払いを拒否しているとのことです。

Woman claims she won nearly $8.5 million at casino; casino won't pay
(女性はカジノで約850万ドルを当てたと主張するも、カジノは支払いを拒否)

FOX25によると、マリベル・サンチェスさんがLiberty 7sスロットマシンで9億円のジャックポットが当たったとスタッフに伝えたところ、すぐにスロットマシンは停止され、黒い画面に切り替えられたそうです。

サンチェスさんはジャックポットを当てた後、すぐにスロットマシンの写真を撮って、TwitterでFOX25にシェアしています。写真は、彼女が8,469,498.95ドルを獲得したことを示しています。


画像出典:Erika StanishさんのTwitterより


しかしながら、カジノはこのジャックポットの表示は機械の故障であり、支払いはできないと主張しています。

サンチェスさんの弁護士は、誰もが簡単にカジノですべてのお金を失い、機械が壊れているからそのお金を返して欲しいと言ってもそれは通用しないのが道理です。カジノが主張していることはこれと同じで無意味なことだと指摘しています。

本件は、今後、法廷で争われていくことになります。

 

◆過去に起こった同様のトラブルでは、カジノ側が勝利

2011年7月、ポーリーン・マッキーさんは、アイオワ州のウォータールーカジノでスロットマシンをプレイしたところ、画面に41,797,550ドルのジャックポットが表示されました。


画像出典:THE COURIERより

しかしながら、カジノはジャックポットでの支払いを拒否し、マッキ―さんにスピンで獲得した正しい賞金の$1.85とマシンに残っている$ 18.10のクレジットのみを支払いました。

マッキーさんは、契約違反と消費者詐欺の疑いでカジノを訴えましたが、2013年、地方裁判所はこの訴えを退けています。そして、2015年、アイオワ州最高裁判所もこの判決を支持しました。

判決の理由は、このスロットマシンの最高賞金は$10,000となっており、画面の表示があきらかに機械の故障だと考えられること。また、スロットマシンに機械が故障した場合、すべての支払いとプレイが無効になることがありますという記載があるためとのことです。

 

◆さいごに

天国から地獄、これが自分の身に起こったことだとしたらゾッとします。
アイオワの裁判で判事は、判決の理由を「ゲームのルールは、利用者とカジノの間で契約を結んでおり、利用者はこのルールに則ってボーナスを受け取る資格がない」と述べていました。カジノ有利のハウスエッジはいたし方ないとして、あらゆる点でカジノが有利なのは辛いですね。それが嫌なら遊ばなければいいだけの話ですが。