<更新>韓国カジノ再開(韓国)

ざっくり言うと

  • 4月13日、Paradise社は済州島の外国人専用カジノ 済州グランドを再開
  • ソウル、釜山、仁川の同社カジノも、4月20日に再開
  • ただし、現在、日本から韓国に行くことはできません

2020年4月13日、韓国のカジノ運営会社Paradise社が済州島の外国人専用カジノ済州グランドを再開したことを複数の海外メディアが報じていました。パラダイス社は政府の規制を遵守し、3月24日から同社のすべてのカジノを閉鎖していましたが、済州島のカジノだけを再開した形です。ソウル、釜山、仁川の同社カジノは、引き続き4月20日まで閉鎖となっています。

※4月20時6時、ソウル、釜山、仁川の同社カジノは再開されました。(4月20日追記)

 

◆ただし、日本からは行けません

3月9日以降、日本に対するビザ免除措置と既に発給された査証の効力を停止しているため、永住資格者などの一部を除いて、現在、日本から韓国に行くことはできません。

日本以外の国も4月13日から、全世界の短期ビザの効果を停止するとともに、韓国に対して入国制限措置をとった国・地域に対して、ビザ免除・無査証入国を制限しています。

 

◆再開した理由は謎

国が外国人の入国を制限している中、済州グランドが再開された経緯はまだ明らかになっていないようです。GAMBLING INSIDERの記事では、再オープンは競合他社を出し抜くための手段との見方もあるとしています。

 

◆さいごに

韓国は、新型コロナウイルス対策の成功事例として世界各国から称賛されていますが、4月14日の感染者数は1万564人(前日より27人増)、死者数は222人(前日より5人増)と、まだまだ予断を許さない状況です。それゆえに、今回の再開のニュースは本当に驚きました。