【悲報】シルクの大人のショーZumanityが閉幕(ラスベガス)

ざっくり言うと

  • コロナで3月から中止となっていたシルク・ドゥ・ソレイユ「Zumanity」が閉幕
  • 「Zumanity」は、17年間で725万人以上の観客を魅了
  • 「O」「KA」「Love」「One」はコロナ収束後の再開を見込む

2020年11月16日、ラスベガスのホテル「ニューヨーク・ニューヨーク」で長年開催されていたシルク・ドゥ・ソレイユの大人のショー「Zumanity」(ズーマニティ)が突然、幕を下ろしました。

「Zumanity」は、シルク・ドゥ・ソレイユでは、おそらく唯一の官能的なショーで、トップレスで演じられるのが最大の特徴です。センセーショナルなアクロバットと刺激あふれるセクシーが融合した大人の作品は、多くのファンを魅了してきました。

シルク・ドゥ・ソレイユが公開したこちらのプロモーション動画は、大人の事情で水着を付けていますが、実際はトップレスで演じられています。それでも十分官能的です。


Zumanity by Cirque du Soleil - Official Trailer(30秒)


ZUMANITY(3分)


Zumanity by Cirque du Soleil - Waterbowl Act(51秒)

 

◆725万人を魅了した「Zumanity」

2003年から「ニューヨーク・ニューヨーク」で開催された「Zumanity」の公演回数は7,700回以上で、17年間で725万人以上の観客を動員しました。

「Zumanity」は、新型コロナウイルスの影響で3月に中止されていましたが、11月16日、シルク・ドゥ・ソレイユは永久休演を発表しました。

 

◆他のショーは、コロナ収束後に再開を予定

ラスベガスでのシルク・ドゥ・ソレイユの他のショーは、新型コロナウイルス収束後の再開が予定されています。

11月16日、MGMリゾーツ・インターナショナルは、ベラージオの「O」、ミラージュの「The Beatles Love」、MGM グランドの「KA」、マンダレイ・ベイの「Michael Jackson One」の契約延長を発表しています。また、トレジャー・アイランドの「Mystere」も継続されます。

 

◆さいごに

ラスベガスに行く楽しみのひとつがシルク・ドゥ・ソレイユのショーでした。その中でも「Zumanity」は、日本では絶対に観られないであろう演目で、その非現実的な世界が好きでこれまでに20回ぐらい観ています。

シルク・ドゥ・ソレイユは経営破たんを乗り越えてラスベガス公演を継続すると聞いて安心していたのですが、こんな形で「Zumanity」が幕を下ろすとは夢にも思いませんでした。
これは悲報以外の何ものでもありません。

現時点では、シルク・ドゥ・ソレイユの他の演目は、継続される予定ですが、コロナが長引けば永久休演もあり得る話です。MGMリゾーツ・インターナショナルには、大阪カジノ以上にラスベガスのシルク・ドゥ・ソレイユのショー継続を期待しています。