日本のプロ野球とサッカー賭博の合法化検討が進む(英紙報道)

ざっくり言うと

  • 日本政府は、プロ野球とサッカーのスポーツ賭博合法化の内部協議を開始
  • プロ野球とサッカー賭博の解禁は、早ければ2024年
  • 賭博の市場規模はプロ野球とサッカーを合わせて約7兆円(年間)

2021年4月28日、イギリスのフィナンシャルタイムズは、早ければ2024年に日本のプロ野球とサッカー賭博の解禁が検討されていることを報じています。

同紙によると、Jリーグはすでにtotoで一部解禁されていますが、プロ野球とともに、海外ブックメーカーのようなスポーツ賭博完全解禁の検討が開始されているとのことです。

スポーツ賭博が合法化された場合、市場規模はプロ野球とサッカーを合わせて年間650億ドル(約7兆円)と試算されています。

Covid hit prompts Japan to rethink rules on sports gambling
(コロナをきっかけに、日本でもスポーツ賭博のルールが見直される)


関係者によると、日本政府はコロナで打撃を受けた財政を補うため、プロ野球とサッカーのスポーツ賭博を合法化するための内部協議を開始し、プロ野球は早ければ2024年に、また、サッカーも同年に全面的な規制緩和が行われる可能性があるとのことです。

この背景には、コロナ禍でプロスポーツ界が大打撃を受けたことで、スポーツ賭博の反対勢力が大幅に弱まったことを挙げています。関西大学の試算によると、日本のプロスポーツ業界の2020年上半期の損失は、試合の中止や無観客開催によって、25億ドル(約2,700億円)にのぼります。

 

◆主要プレイヤーは公営ギャンブルのあの3社

楽天競馬と競輪のKドリームスを運営する楽天は、三木谷社長が設立した日本新経済協議会を通して、日本の観光産業を復興させるためにスポーツベッティングの解禁を求めています。

地方競馬・競輪・オートレースのオッズパークを運営するサイバーエージェントは、将来的にスポーツベッティングが全面的に解禁されれば、スポーツ選手やその所属団体、スポーツ業界にとって新たな収益源になると考えてるとコメントしています。 

競輪のWINTICKET(ウィンチケット)を運営するミクシィは、他のスポーツへの賭けの規制が緩和されれば、日本のスポーツ産業の成長のための新たな収益源が強く期待でき、当社もこの分野に貢献したいとコメントしています。

 

◆さいごに

コロナ禍がプロ野球とサッカー賭博の完全解禁のきっかけになるとは因果な話ですが、いちギャンブルファンとしては、これがスポーツ界の復興の一助になるのであれば、是非、実現して欲しいとポジティブに受け止めています。

ただし、スポーツ賭博には常に八百長の影がつきまといますが、きちんとした管理監督がなされれば、既存のスポーツファンもより楽しく、より熱狂的に贔屓のチームを応援できるのではと思っています。

また、気になるところは、実現した際のハウスエッジ(胴元の取り分)。既存のtotoを踏襲するなら50%、競馬やボートレースにならうなら25%となります。一方で、海外のブックメーカーのハウスエッジは3~10%で、日本の既存のギャンブルとは比較にならないほど低く設定されています。

政府が今のまま何の対策も講じないままスポーツ賭博を解禁しても、ギャンブラーはこぞって条件のいい海外のブックメーカーで賭けることになるはずです。

日本版スポーツ賭博成功の鍵は、海外ブックメーカーへの対策ができるかどうかにかかっているように思います。