ワクチン接種者はマスクなしで入場可能に(ラスベガス)

ざっくり言うと

  • アメリカ成人の58.9%が少なくとも1回ワクチンを接種
  • ネバダ州では、ワクチン接種者は屋内外のほとんどの場所がマスク非着用可に
  • カジノもマスクを着用する必要がなくなりました

2021年5月13日、ネバダ州ゲーミングコントロールボードによると、ワクチン接種者はネバダ州内のカジノでマスクを着用する必要がなくなったと発表しました。

Fully vaccinated individuals no longer required to wear mask in Vegas casinos
(ワクチンを接種した人は、ラスベガスのカジノでマスクを着用する必要がなくなる)
Vaccinated Customers Allowed in Nevada Casinos Without Masks
(ワクチン接種者はマスクなしでネバダ州のカジノに入場可能に)
Nevada casinos cleared to decide on their own mask policies
(ネバダ州のカジノは、独自のマスクポリシーを決めることができる)

この発表は、米国疾病予防管理センター(CDC)がネバダ州におけるマスクポリシーを更新し、ワクチン接種者は屋内外のほとんどの場所でマスクを着用する必要がなくなったことによります。

この発表を受けて、ウィン・リゾーツ社、MGMリゾーツ社、ベネチアン、コスモポリタンは、ワクチン接種者がマスクなしでカジノフロアに入場することを許可しています。なお、ウィン・リゾーツ社とコスモポリタンは、ワクチンを接種した従業員にもマスクなしを許可しています。

 

◆さいごに

マスクのない生活が戻ったことを喜ぶ一方で、ネバダ州ゲーミングコントロールボードは、カジノが客のワクチン接種状況を確認することを要求しておらず、マスクをしていないワクチン非接種者を取り締まる術がないことが問題になっています。

米国疾病予防管理センター(CDC)の発表によると、米国成人の58.9%が少なくとも1回ワクチンを接種し、また、18歳以上の45.6%が完全にワクチンを接種しているとのことです。

まだ接種者が半数にとどまる現状では、自身がワクチンを接種していたとしても、まだマスクは手放せないように思います。

余談ですが、日本のワクチン接種率は、5月6日時点で約2%です。
この状況では、さすがに今夏のオリンピック開催は厳しそうですね。


(画像出典:NHK