米国カジノ、7月の売上は5,300億円で過去最高を記録

ざっくり言うと

  • 米国商業カジノの7月の売上は48.3億ドル(約5,300億円)で過去最高を記録
  • 夏休みシーズンに加え、カジノがフル稼働したことが要因
  • パンデミック前の2019年と比べて29.6%の増加

2021年9月3日、アメリカン・ゲーミング・アソシエーション(AGA)は、7月の米国商業カジノの業績を発表しました。米国商業カジノの7月の売上は、夏休みシーズンに加え、カジノがフル稼働したことで、48.3億ドル(約5,300億円)で過去最高を記録しました。これは、パンデミック前の2019年と比べて29.6%の増加となります。

AGA Commercial Gaming Revenue Tracker


出典:AGA

・全ゲームのGGR(ゲーミング粗利)は、パンデミック前の2019年と比べて、5ヵ月連続で2桁成長
・スロットマシンのGGR(30億2,000万ドル)とテーブルゲームのGGR(9億3,360万ドル)は、単月ベースでの過去最高額を記録
・スポーツベッティングの賭け金は、スポーツイベントが少なかったことで24億2,000万ドル(前月比33.9%減、前年同月比168.8%増)
・スポーツベッティングとiGamingのGGR合計は、7月の全ゲームGGRの11.1%を占める



出典:AGA

・2021年のGGR(ゲーミング粗利)は、最初の7ヵ月間だけで、2020年の全期間の299.8億ドルにほぼ匹敵する296.0億ドルを記録。2019年の同時期を17.4%上回っています。

四半期ベースのGGRも136億ドル(約1兆5,000億円)で過去最高。コロナ禍前の2019年に記録した最高額111億ドル(約1兆2,000億円)を22%上回っています。

 

◆さいごに

横浜カジノが水泡に帰して以降、ランドカジノ(カジノ施設)は既に終わったビジネスだとする記事を多々目にします。

ラスベガス観光局によると、7月の訪問者数は330万人(2019年の10.4%減)で、人出はパンデミック前に戻っていないにもかかわらず、ネバダ州のGGRは13億6,000万ドル(前年比約80%増)で、5ヵ月連続の10億ドル超え、過去最高レベルで推移しています。

関連記事:2019年売上まとめ(ラスベガス)

ランドカジノは、まったく終わっていないし、むしろ絶好調ですよ。