ガガ様もエアロスミスも(Vegas)

ざっくり言うと

  • 「レジデンシー」とは、長期間にわたってアーティストがひとつの会場でショーを行うこと。
  • カジノ論に終始している日本のIRですが、「レジデンシー」もIRの醍醐味のひとつ。
  • ラスベガスで、12月からガガ様27公演、4月からエアロスミス14公演。

ラスベガスの魅力のひとつに、長期間にわたってアーティストがひとつ会場でショーを行う「レジデンシー」があります。

大昔は、ラスベガスのショーといえば、落ち目のタレントが行き着くところと揶揄されたりもしましたが、今では、セリーヌ・ディオン、マライア・キャリー、ブリトニー・スピアーズ、ライオネル・リッチーなど、錚々たるアーティストが登場し、大成功を収めています。

そのラスベガスのレジデンシーに「レディー・ガガ」「エアロスミス」の公演が次々と発表され、話題になっています。

■レディー・ガガ

「Enigma」23公演
「Jazz&Piano Engagements」4公演
2018年12月~@パークシアター(パークMGMリゾート)

関連記事:日本からも申し込める!ガガ様、ラスベガスでの長期公演を発表

公式サイトはこちら


■エアロスミス

「Deuces Are Wild」18公演
2019年4月~@パークシアター(パークMGMリゾート)

関連記事:「エアロスミスの真髄を」4月からベガス長期公演

公式サイトはこちら


残念ながら、カジノ論に終始している日本のIRですが、「レジデンシー」もIRの醍醐味のひとつです。

そろそろ、本来のIRの議論をしていただきたいところです。