お粗末すぎ(イカサマ)

ざっくり言うと

  • マカオでカジノディーラーら6人がイカサマで逮捕された。
  • 過去には、約31億円をだまし取った事件も。
  • 「あなたのホテルでは、誰かに常に見られているのよ」by テス

参照記事

参照メディア マカオ新聞

CAZYはこう思う

CAZY
カジノ&リゾート研究所

マカオでカジノディーラーら6人が逮捕されたとマカオ新聞が報じていました。
ディーラーが逮捕されるニュースは珍しいので、ご紹介です。

8月14日午後、カジノ施設のセキュリティ部門から「あるバカラテーブルで客が勝負に負けたにもかかわらずディーラーが3万7000香港ドル(日本円換算:約51万円)分のチップを払い出したことが監視システムで確認された」として警備員が当該テーブルにいたディーラーと客の計6人を取り押さえたとの通報があったという。なお、6人が7月29日にも同様の手口で24万6000香港ドル(約336万円)分のチップを不正に獲得していたことも明らかとなった。


これ、なぜ成功すると思ったのか…

カジノは無数のカメラで常に監視されている訳で、プロのディーラーともあろう人が、あまりにもお粗末すぎやしませんか。


「みんな知っていることよ、テリー。あなたのホテルでは、誰かに常に見られているのよ」

You of all people should know Terry, in your hotel, there's always someone watching.

このセリフは、大好きな映画「オーシャンズ11」の中で、テス(ジュリア・ロバーツ)が自分よりも金を選んだカジノオーナーのベネディクト(アンディー・ガルシア)に言った別れ文句です。


そうカジノでは、常に見られているのに…


一方で、過去には、それを逆手に取った事件もありました。

2013年にオーストラリア最大のカジノホテル「クラウン」で起こった監視カメラハッキング事件。
犯人グループは、セキュリティーシステムをハッキングして、監視カメラでトランプゲームの手札を盗み見てゲーム中のプレーヤーにイヤホンで情報を伝えていたそうです。
それで、3200万豪ドル(約31億円)をカジノから巻き上げました。

<関連記事>
カジノの監視カメラをハッキングして相手のカードを見るイカサマで約31億円を強奪

こちらの事件の方が、イカサマプランとしても、技術的にも格段に上手です。
しかしながら、実のところは、こちらの事件も当カジノのマネジャーが協力者となってスパイ役を担当していたそうです。

たとえ内部に協力者がいたとしても、カジノでのイカサマはうまくいかない。

と言うことで、悪いことは考えず、確率論と運と度胸で、真っ向からギャンブルには向き合しましょう!