「メガ・ミリオンズ」1800億円で決着!

ざっくり言うと

  • 当せん金は、アメリカ史上最高額の16億ドル(約1800億円)
  • ひとりの当せん金としては、アメリカ史上最大
  • 日本では、宝くじのネット販売がひそかにスタート

ついに出ましたね、「メガ・ミリオンズ」

当せん金は、アメリカ史上最高額の16億ドル(約1800億円)。
後々のために、記録として書いておきます。

1〜70までの数字5つと、1〜25までの数字1つの組み合わせを選ぶ「メガ・ミリオンズ」の当せん確率は、驚愕の3億250万分の1。ちなみに、ジャンボ宝くじの1等の当せん確率は1000万分の1です。

23日の抽選の結果、サウス・カロライナ州で1人、6つの数字を全て当てた人がいるらしい。ちなみに、まだ当たった人は名乗り出ていないそうです。

2ドルが1800億円とは、まさにアメリカンドリームですね。


余談ですが、ついに日本の宝くじも10月24日からネット販売がスタートしました。

・カード決済に対応。
・当せん金は登録した口座に自動的に振り込まれる。
・100円購入につき1ポイント付与する「ポイント制度」。

2011年度をピークに売上減少が続く宝くじですが、総務省は、購入しやすくして人気回復につなげたい考え。半年で50万人の会員登録を目指すらしい。 

宝くじのネット解禁で、一定の売上アップは期待できると思いますが、カード決済できる=借金して買えるなので、ギャンブル依存症の問題はありますよね。あまりメディアは取り上げないけど。
これがカジノだと大騒ぎな気がします…