2019年版フォーブス世界長者番付<ギャンブル偏>

ざっくり言うと

  • フォーブスの世界長者番付2019年版が公開
  • 10億ドル以上のお金持ち2,153人のうち、ギャンブル関係者は26人
  • ギャンブル関係者26人のうち、日本人は4人

2019年3月5日、米経済誌フォーブスの世界長者番付(2019年版)が発表されました。
「The World's Billionaires」(世界の10億ドル長者)は、保有資産額が10億ドル(約1100億円)以上のお金持ちが対象となっています。

33回目となる今年のランキングでは、保有資産額10億ドル以上のお金持ちは2,153人で、うちギャンブル関係者は26人。(日本人は4人)

「The World's Billionaires」のサイトがよくできていて、産業ごとにソートができます。「Gambling & Casinos」のカテゴリでソートした結果がこちら。


※画像は、「The World's Billionaires」のサイトより

<Gambling & Casinos>

1位 シェルドン・アデルソン氏
ラスベガスサンズグループの会長兼CEO。
全体では24位。保有資産額は351億米ドル(約3兆8,610億円)。

2位 ルイ・チェ・ウー氏
ギャラクシーエンターテイメントの会長。
全体では82位。保有資産額は146億米ドル(約1兆6,060億円)。

3位 ヨハン・グラフ氏
カジノのゲームマシン製造で知られるNovomaticグループの創設者兼オーナー。
全体では181位。保有資産額は82億米ドル(約9,020億円)。

4位 デニス・コーツ氏
オンラインカジノBet365の最高経営責任者。
全体では244位。保有資産額は65億米ドル(約7,150億円)。

5位 パンジー・ホー氏
MGMチャイナホールディングスの共同会長。
全体では413位。保有資産額は46億米ドル(約5,060億円)。

6位 マーク・シャインバーグ氏
世界最大のオンラインポーカーPOKER STARSの創設者。
全体では424位。保有資産額は45億米ドル(約4,950億円)。

7位 ポール・ガウセウマン氏
カジノのゲームマシン製造で知られるGauselmannグループの創設者兼オーナー。
全体では478位。保有資産額は41億米ドル(約4,510億円)。

7位 アンジェラ・リョン氏 (※同率7位)
SJMホールディングス共同会長兼エグゼクティブディレクター。
全体では478位。保有資産額は41億米ドル(約4,510億円)。

1~7位の詳細、また9位以下は「The World's Billionaires」にてご確認ください。


日本で1位(世界で42位)のユニクロの柳井氏の保有資産額が約2兆4,420億円、日本で2位(世界で43位)のソフトバンクの孫氏が約2兆3,760億円ということなので、ギャンブル業界1位(全体で24位)のシェルドン・アデルソン氏の約3兆8,610億円がいかに莫大か。また、保有資産額が5,000億円クラスの日本人だと、楽天の三木谷氏や森トラストの森氏と同等ということで、ビリオネアのみなさんがギャンブル業界でいかに成功されているのかがわかります。


※画像は、「The World's Billionaires」のサイトより


また、カジノ関係の日本人ビリオネアは4人。

18位にユニバーサルエンターテイメントの岡田和生元会長(約2,200億円)
19位にマルハンの韓昌祐(ハン・チャンウ)氏(約2,090億円)※2001年日本に帰化
23位にパチンコメーカーSANKYOの毒島秀行氏(約1,430億円)
24位にパチンコメーカーHEIWAの石原昌幸氏(約1,100億円)


最後に、これから誕生する日本のカジノ3席を射止めれば、こちらのビリオネアのみなさまは、更に資産を増やすことも可能です。このわずかな席を誰が勝ち取るのか、今後の展開が楽しみです。(これこそ外馬で賭けたいぐらいです)

また、日本カジノ解禁を機に日本人がこの業界でも大きく躍進していくことに期待したいと思います。


※サムネイル画像は、「The World's Billionaires」のサイトより