カジノで勝つ人の割合はどのぐらい?

ざっくり言うと

  • どのぐらいの人が実際に勝っているのか推測してみました
  • 1日だけ遊ぶなら、勝って帰れるのは2割ぐらい?
  • 数日滞在して遊び続けるなら、勝って帰れるのは1割ぐらい?

カジノで勝つ人の割合はどのぐらい?

ギャンブラーにとって非常に興味深い情報であり、かつ、極めてシンプルな疑問にもかかわらず、どれだけ調べても実態が見えてこない謎を探るのが今回のテーマ。

カジノは、遊ぶゲームの種類、賭ける金額、遊ぶ時間(日数)など、人それぞれで、勝つ人は●割とひとくくりに言えないのは承知していますが、あまりにも情報がなさすぎて、そこに何か不都合な真実が隠されているのかと。

カジノは、マーケティングの目的で膨大な個人のデータ(もちろんギャンブルの勝敗を含みます)を収集していますが、その情報が表にでることはありません。外部に公表されるのは、カジノ全体としての損益、もしくは、ゲームごとの損益までで、カジノで勝つ人の割合は、カジノによって厳重に守られているのが実情です。

一方で、その答えを知るヒントがまったくないこともないので、今回はこの謎に迫ってみました。

まずは、迷信的に伝わっている「ラッキーセブン」から。

「ラッキーセブン」とは、ラスベガスのカジノで勝って帰るのはわずか7%、プラスマイナスゼロが8%、負けて帰るのが85%という噂話です。この噂話は、Mackyさんが書かれた「バクチな女の事件な日々」にも登場します。わずか7%の幸運をつかんだ人をラッキーセブンと呼ぶとか呼ばないとか。データの出所は不明で、決して信ぴょう性が高いとは言えない情報ではあります。


次は、ベタな方法ですが聴き取りです。CAZYはカジノに遊びに行ったとき、また、関係者にお会いした際は、馬鹿なふりをして「カジノで勝っている人はどのぐらいいるんですか?」とおたずねしています。ディーラーさんや元ディーラーさんたちの答えをまとめると、感覚的には、日ごとに見ると2~3割ぐらいは勝って帰るかも、滞在中のトータルでは1割ぐらいで2割はいないのではとのことでした。(こちらVIPではなくあくまでも一般客の話です。)
実際に現場で働いている(いた)方々のコメントにつき、それなりに信ぴょう性は高いと思われますが、守秘義務もあり、どこまで正確な話なのかは不明です。


最後は、比較的に信ぴょう性が高いと思われるデータです。少し古いですが、ウォールストリートジャーナルが2013年10月11日に報じた「How Often Do Gamblers Really Win?」(ギャンブラーは実際にどのぐらい勝っているの?)こちらの記事では、カジノの勝ち負けの実態が明かされています。ただし、データの出所は、ランドカジノではなくオンラインカジノです。

こちらのデータは、某オンラインカジノが2年に渡って何千人もの参加者の行動を分析したものとされています。さて、その結果は、日ごとの勝敗では3割が勝っているが、2年間のトータルで勝っているのは11%のみ。また、分析の対象を2年間の総賭け金の上位10%に限定すると、勝っているのは5%のみとのことです。


まとめ

噂話、関係者への聴き取り、データと、さまざまなアプローチでカジノで勝っている人の割合を探ってみましたが、今回の一番のオドロキは、すべてのアプローチで近い結果が示されたことでした。

と言うことで、まとめとしては、あくまでも推測の域を出ませんが、

カジノで遊ぶ一般客で、
1日だけなら、勝って帰れるのは2割ぐらい?
数日滞在して遊び続けるなら、勝って帰れるのは1割ぐらい?

と考えてもよさそうです。

また、冒頭にも書きましたが、カジノは遊ぶゲームの種類、賭ける金額、遊ぶ時間(日数)などによって結果はまちまちで、ひとくくりに勝つ人は●割とは言えません。上記の割合は、あくまでも、ざっくりとしたイメージとお考えください。

一方で、CAZYのこれまでのカジノ経験と照らし合わせてみても、なかなか妥当な勝率なのではと思っていますが、みなさんはいかがでしょうか?

最後になりますが、この結果を信じるか信じないかは、あなた次第です。


<関連記事>

【カジノ1万人調査】プロファイル編
【カジノ1万人調査】日本カジノ誕生編
【カジノ1万人調査】勝敗編
カジノで勝つ人の割合はどのぐらい?
カジノ側の勝ちはどのぐらい?