これからロシアのカジノが熱い!(ウラジオストク)

ざっくり言うと

  • ウラジオストクで、大型カジノが相次いでオープン予定
  • ウラジオストクは、日本から一番近いヨーロッパ
  • 成田から飛行機で、わずか2時間半

あまりの酷暑に、涼しいところへの逃亡を考える今日この頃です。
涼しいところといえば、ロシアの極東ウラジオストク
いよいよ来年から、大型のカジノ&リゾートが立て続けにオープンします。


◆日本から一番近いヨーロッパ!

成田空港からわずか2時間半で、古き良きロシアの雰囲気が味わえるウラジオストク。話題のインスタ映えスポットも豊富で、最近は、若い女性を中心に人気が急上昇しているそうです。

このブームのきっかけは、2017年に電子ビザが導入され、自宅のパソコンから簡単にビザの申請・受領ができるようになったことです。

また、このウラジオストク人気にあやかって、JAL、ANAともに2020年3月から、成田~ウラジオストク線の就航開始を発表しています。



◆ウラジオストクのカジノ事情

ロシアでは、2009年に施行された賭博禁止令によって、500件以上のカジノが閉鎖されましたが、例外として、4つの地域をカジノ特区に定めています。そのひとつが、ウラジオストク空港の近隣に位置するプリモリエ・エンターテイメントゾーン(Primorye entertainment zone)です。

Wikipediaによると、「プリモリエ・エンターテイメントゾーンの総面積は619ヘクタール(東京ドーム132個分)。当面は263ヘクタール(東京ドーム56個分)が開発に供され、現在は7つのカジノを含む統合型リゾート(IR)計画が決定しているが、将来的に8~11箇所にまで拡大する見通し。エンターテイメント、カジノ、ホテル、ヴィラ、ヨットクラブ、その他観光アトラクションを含む世界的なエンタテインメント都市として、2022年の完成を目指す。」となっています。

ちなみに、大阪夢洲のIR候補地の広さは170ヘクタールです。いかにこのプリモリエ・エンターテイメントゾーンが広大かがわかります。

 

ただし、現時点でオープンしているカジノは、2015年10月に開業したティグレ・デ・クリスタル リゾート&カジノ(Tigre de Crystal)だけです。

ティグレ・デ・クリスタルは、ローレンス・ホー氏率いる香港のMelco系列のカジノで、ウラジオストク空港から車で約20分のところに位置します。テーブル50台、スロット500台と、それほど大きなカジノではありませんが、これから拡大が予定されているそうです。



◆今後の開業予定のカジノ
 
※情報は、World CASINO DIRECTORY より抜粋。
※リンク先には、それぞれのカジノのイメージ図などが掲載されています。それを見ると規模の大きさがわかるだけでなく、かなりわくわくします。

Sun Casino & Resort - Selena World
カジノ(テーブル376台、スロット1,800台)
2019年開業予定

Selena World Resort & Casino
カジノ(テーブル500台、スロット2,590台)
2020年1月開業予定

Golden Gate - Selena World
カジノ(テーブル200台、スロット2,100台)
2020年1月開業予定

Primorsky Entertainment Resort City
カジノ(テーブル100台、スロット500台)
2020年9月開業予定

Moon Gate Casino - Selena World
カジノ(テーブル110台、スロット1,100台)
2021年1月開業予定

Phoenix Resort Casino Primorye
カジノ(テーブル30台、スロット500台)
開業時期未定


◆さいごに

日本カジノの議論が進まず、また、隣国との関係も何かと面倒なことになっていますし、このまま行けばウラジオストクが赤丸急上昇しそうですね。

ウラジオストクには行ったことがありませんが、カジノスタッフにはロシア美人も多いらいしので、目の保養も兼ねて、来年は遠征したいと思います。