期待値2倍?今回の「ボーナスBIG」が熱い!

ざっくり言うと

  • 今回の「ボーナスBIG」は、1等の当せん金額が最高12億円
  • 当せん金額12億円は、国内のくじ史上最高金額
  • 「ボーナスBIG」の販売期間は、11月16日(土)まで

サッカーくじ「BIG」は、日本のプロサッカー14試合の結果で当せん番号が決まる宝くじ。試合結果(勝ち、引き分け、負け)の予想は、コンピューターによって無作為に行われるため、「BIG」は完全に運任せの宝くじとなります。1口300円で1等(全14試合的中)の当せん確率は約478万分の1となります。

ちなみに、一般的な「ジャンボ宝くじ」の1等当せん確率は1000万分の1、「ロト7」の1等当せん確率も約1000万分の1(1/10295472)で、「BIG」は1等の当せん確率の高さから人気の宝くじとなっています。そのため、全サッカーくじの売上の中で「BIG」が約9割を占めています。

◆「ボーナスBIG」とは

通常の「BIG」は、キャリーオーバーありで1等最高 6億円、キャリーオーバーなしで1等最高 3億円となっていますが、年に数回実施される特別回では、前記の上限金額が引き上げられ、今回の「ボーナスBIG」では、1等の当せん金額は、キャリーオーバーありで最高12億円、キャリーオーバーなしで最高7億円となっています。今回は、約6,000万円と少ないですがキャリーオーバーはあります。

ちなみに、当せん金額12億円は、国内のくじ史上最高金額となります。1等当せん金額だけを見れば、通常の2倍のため単純には期待値も2倍に思えますが、賞金を当せん者で分配するパリミュチュエル方式が採用されているため、実際には「ボーナスBIG」の売上によります。

ボーナスBIGの特設ページこちら


※画像は「BIG公式ページ」より

1等当せん金額 最高12億円の「ボーナスBIG(第1137回 BIG)」の販売期間は、11月2日(土)~11月16日(土)となります。


◆さいごに

「BIG」の必勝法として、「試合中止を狙って買う」というものがあります。具体的には、台風や大雨などで試合中止が発表されたタイミングを狙って「BIG」を購入するだけです。

これが必勝法といわれる所以は、対象試合が中止となった場合、その試合の「勝ち、負け、引き分け」のすべてが当せん扱いになるためです。

1等の当せん確率は、1試合中止で3倍、2試合中止で9倍、3試合中止で27倍と上がっていくため、1等を当てることに関してはこの攻略法は間違いではありません。ただし、決まった賞金総額を当せん者で分配するパリミュチュエル方式のため、当せん確率が上がって当せん者が増えれば、それだけ1等の当せん金は少なくなるという話です。

まずは、当てることが最優先ではありますが。