バカラのイカサマ軍団「カッターズ」(2011年ラスベガス)

ざっくり言うと

  • 2011年、ラスベガスのコスモポリタンを騒がせたバカラのイカサマ
  • わずか数時間で100万ドル(約1億円)を荒稼ぎ
  • 警察はイカサマの手口を解明できず、証拠不十分で釈放

昨夜、何気なく観ていた「世界まる見え!テレビ特捜部」で、ラスベガスで発覚したバカラのイカサマが紹介されていました。

2011年の旧正月の前夜、ラスベガスのコスモポリタンでバカラプレーヤーのグループが拘留されました。このアジア人のイカサマ軍団は、カッターズと呼ばれ、世界中のカジノから数千万ドルを騙し取ったとされています

 

◆明かされたイカサマの手口

カジノ側に不正がないことを示すために行われるカードカット。ディーラーがカードをシャッフルした後、プレイヤーはカッティングカードでデッキを二つに分け、前方のカードは後方に置き換えられます。このカードカットを利用して巧みにイカサマが行われました。

カードカットの際、イカサマ師は人差し指に仕込んだ着け爪でカードをドラッグし、袖の中に隠した小型カメラでカードの数字を撮影しました。


(画像出典:世界まる見え!テレビ特捜部)


(画像出典:世界まる見え!テレビ特捜部)


(画像出典:世界まる見え!テレビ特捜部)


カードカットにまぎれてカードを撮影したプレイヤーは、頃合いを見てトイレに立ち、トイレで待機している仲間が映像を解析し、カードの順番をテーブルでプレイしている仲間のスマホに送信したとされています。


(画像出典:世界まる見え!テレビ特捜部)


プレイヤーは、事前に解析したカードの並びが現れた時、大きくきく賭けて、数時間で100万ドルを荒稼ぎしました。

カッターズについては、「史上最大の10のカジノ詐欺!!」の5番目の事例として紹介されています。


The 10 BIGGEST Casino Scams EVER!!

 

◆カジノはイカサマの手口がわからなかった

カジノのセキュリティチームは、当然、イカサマを疑いましたが、その時点では何が行われているのかわかりませんでした。そして、警察に通報し、カッターズは逮捕されることになります。

しかし、カジノや警察がギャンブラーの服の下に不正行為の装置を隠していないか身体検査するには、正当な理由が必要なため、拘留されたカッターズは証拠不十分で釈放されています。

 

◆さいごに

カッターズのことは、当時のニュースでも話題になっていましたが、テキストだけではその手口がよくわかりませんでした。今回、映像を見て、あらためてその巧妙な手口に感心しました。

また、興味深いのは、当時、こんなに疑わしい状態でも100万ドルも稼がせてくれたこと。カジノは遊ばせるお客を選ぶ権利があり、今なら速攻で強制退場になると思います。