公営ギャンブル売上まとめ(2021)

ざっくり言うと

  • 2020年度の競馬全体の売上は、3兆8,958億円で前年比109%
  • 同じくボートレースの売上は、2兆951億円で前年比136%
  • 同じく競輪の売上は、7,500億円で前年比114%
  • 公営ギャンブルは、コロナ禍をものともせず大躍進

2021年(2020年度)の競馬・ボートレース・競輪の売上が発表されました。

では、さっそく2020年度の公営ギャンブルの売上推移です。


<公営ギャンブルの売上推移>(単位:億円)
※2021年4月2日付


<2020年度のギャンブル売上と監督省庁>※2021年4月4付
※(  )内は、現時点では未発表につき2019年度実績
※パチンコの控除率は、推計粗利率を記載


◆個別トピックス

<競馬>
競馬全体の売上は、3兆8,958億円前年比109%

中央競馬の売上は、2兆9,835億円で前年比104%。9年連続の増加。
(集計期間:2020年1月1日〜2020年12月31日)

地方競馬の売上は、9,123億円で前年比130%。9,000億円を超えたのは29年ぶり。
売上に占める電話・インターネット販売の比率は93.2%。
地方競馬の中でも、兵庫は1,125億円で前年比147%、高知は854億円で前年比151%と大躍進となっています。

(集計期間:2020年4月1日〜2021年3月31日)

また、上記の集計には含まれていませんが、北海道帯広市主催のばんえい競馬の売上は484億円で前年比156%。帯広市の単独開催になった2007年度以降で過去最高額を記録しています。

 

<ボートレース>
ボートレースの売上は、2兆951億円で前年比136%。8年連続の増加で、2兆円を超えたのは28年ぶり。2010年度の売上が8,435億円だったことを考えると、わずか10年間で2.5倍に成長しています。
(集計期間:2020年4月1日〜2021年3月31日)

10年前の平成22(2010)年度は8400億円あまりの売り上げにとどまっていただけに、実に10年間で2倍以上の売り上げとなった。

 

<競輪>
競輪の売上は、7,500億円で前年比114%。7年連続の増加。
(集計期間:2020年4月1日〜2021年3月31日)
コロナ禍での度重なる開催中止、無観客開催、9車から7車へのレース縮小にもかかわらず、2020年度売上目標の7,000億円を大きく上回る業績となっています。


関連記事:公営ギャンブル売上まとめ(2020)


※以下は、現時点では未発表につき、2019年度の実績となります。
売上が発表され次第、更新します。

<オートレース>
オートレースの売上は、739億円で前年比105%
(集計期間:2019年4月1日〜2020年3月31日)


<宝くじ・toto>
宝くじの売上は、7,931億円で前年比99%
(集計期間:2019年4月1日〜2020年3月31日)
スポーツくじ(toto)の売上は、938億円で前年比99%
(集計期間:2019年4月1日〜2020年3月31日)


<参考:パチンコ>
(8月24日追記)
公益財団法人 日本生産性本部によるレジャー白書2020によると、パチンコの市場規模(貸玉料金の総計)は、20.7兆円から20兆円に下落し前年比97%

2019年のパチンコ人口は、前年から60万人減の890万人で過去最低値を更新。年間の活動回数は、前年の28.5回から31.7回に増加。

1人あたりの年間平均費用も8万1,800円から10万3,400円に増加。年間平均費用が10万円を超えたのは2008年以来11年ぶり。パチンコ人口が減少する一方で回数と平均費用が上昇しており、ファンのマニア化、ヘビーユーザー化が進んでいる。

関連記事:公営ギャンブル売上まとめ(2020)