ディーラーはルーレットの数字を狙えるのか?

ざっくり言うと

  • ディーラーは、そもそもホイールを見ないでボールを投げ入れている
  • 現在主流のホイールは、数字の溝が浅くボールが転がって狙えない
  • ディーラーは、一切の不正ができないよう厳格な作法が定められている

今回は、ルーレットファンなら誰もが一度は抱く疑問についてです。

◆ディーラーさんは、ルーレットの数字を狙えるのか?

ほぼ結論になりますが、ディーラーさんはボールを投げ入れるとき、極力、ホイールを見ないようにしています。ディーラーさんの目線は、お客さんの方か、チップが置かれたレイアウト(賭け枠)に向けられ、ディラーさんは手だけを動かして投球しています。

その理由は、
①お客さんから無用の疑いをかけられないようにするため
②お客さんの不正を防止するため(正しくベットがなされているかなど)

と言うことで、そもそもホイールを見ないでボールを投げ入れているから狙いようがないという話です。

ただ、これで話を終わらせてしまうと、あまりにも面白くないので、


◆では、ディーラーさんがホイールを見て本気で狙ったらどうなのか?

こちらの答えは、現役ディーラーで人気ブロガーの鍛野ミミさんが明確な答えを書かれていました。

「現在主流のルーレットウィールは、数字の溝の部分が浅く作られているので、回転から落ちたボールはその後、勢いをつけたまま転がって行ってしまうんです。なので、たとえディーラーが一点を狙ったとしても……狙った数字のピンそばにボールを弾くことが出来たとしても、落ちてからボールがコロコロ~っと半周以上回っちゃうので(1周半くらい転がることもありますよ)、結局のところ、ボールがどこまで行くのか読めないんですね。」
『鍛野ミミの「カジノの目線で」-ここだけばなし-』より
「一流のカジノディーラーはルーレットの数字を狙えるのか?」

鍛野ミミさんのご指摘の通りで、今のホイール(ウィール)は数字の溝が浅いためボールが転がってしまい狙えなくなっています。余談ですが、20年以上前の話ですが、ちょっと危ないお店では、通常はボールと反対方向に回っているホイールが固定されていて、かつ、がっつり溝の深い台なんてのもありました。これだとディーラーさんのやりたい放題ですね…

◆では、昔はディーラーさんのイカサマはあったのか?

こちらの動画は、1920年代にアル・カポネが所有していた可能性が高いとされるイカサマルーレット。テーブルの側面にネジに偽装されたボタンが埋め込まれていて、ディーラーがこのボタンを押すとホイールの側面からピンが飛び出てディーラーが狙ったところにボールを落とすことができたそうです。


◆最新のイカサマ技術では、ボールが動く。

こちらの動画は、はじめて見たときビビりました。クルマの電子キーのようなボタンを押すと、ボールが勝手に動き出すというものです。このイカサマが実際に使われているのかは謎ですが。


◆結論

カジノがもっとも恐れているのは、お客さんの不正ではなくディーラーさんの不正です。ディーラーさんが狙った数字にボールを落とせれば、自由にゲーム結果を操作することが可能となり、ディーラーと組んだお客さんに大勝させて後で山分けといった不正ができてしまいます。この点で、ディーラーさんは一切の不正ができないよう、厳格な作法が定められています。

更に、万一、カジノ側の不正が発覚した場合、カジノライセンスの停止、最悪のケースではカジノライセンスの剥奪も考えられます。莫大な資金を投じて獲得したカジノライセンスすら失いかねないリスクを、微々たるお金のためにカジノ側がとるとは、まず考えられないですね。

ということで、ディーラーの作法、ルーレット台の進化、カジノ側のリスクの3点から、まっとうなカジノではディラーの技術介入もイカサマもないと考えて大丈夫だと思います。
逆に、まっとうでないカジノには近寄らないことですね。