AIがポーカーを攻略しそうな話(した話?)

ざっくり言うと

  • 2015・2017年に行われた「人間 VS. AI」のポーカー対戦
  • 結果だけを見れば、AIの圧勝
  • 数年後にはスマホでスパコンレベルの演算処理ができるようになるかも

前回の記事で、AI(人工知能)が公営ギャンブルを攻略しつつある現状について書きましたが、今回は、ではカジノゲームはどうなのかという話です。

カジノゲームの中では極めて技術介入要素が高いとされるポーカーですが、「人間 VS. AI」の戦いは、すでに一定の決着を見せています。

ちなみに、ポーカーは他のギャンブルと違って、その技術介入要素の高さから明確にプロなる人が存在します。とくにテキサス・ホールデム・ポーカーは、一般的なポーカーより「読み」の要素が強くなっています。

日本人で有名なプレイヤーは、言わずと知れたGACKTさん。プロでこそありませんが「Asian Poker Tour 2017」の決勝に進出したり、ラスベガスの世界大会「WSOP」で日本人最高位の133位だったりと、相当な腕前のようです。

テキサス・ホールデム・ポーカーの技術介入要素は、ざっとあげるだけでも下記の5つが思いつきます。

①判断のベースとなる確率論
②ベット戦略

③ベット状況から相手の手を推測する技術
④相手の癖を読み切る技術
⑤表情やしぐさから相手の心理を読む技術

常識的に判断すると①②③はAI有利、そこに④⑤の人間ならではの技術が通用するのかと言ったところでしょうか。(すでに表情やしぐさからブラフを読み取る技術も開発されているようですが)


で対戦の結果はというと、AIの圧勝!

本件については、2017年にネットメディアのGigazineがシリーズで伝えています。
※どの記事もとても興味深い内容につき、詳細は文末に記載している該当記事にてご確認ください。

第1回「Brains VS. AI」大会(2015年4月)、結果は、トッププロの辛勝。
カーネギー・メロン大学が開発したAI「Claudico」と4人のトッププロが対戦。
人間・AIの両者で総計1億7000万ドルかけた勝負で人間が約73万ドル分の差で勝利。
「Claudico」は4人のプロプレイヤーのうち3人にチップの額で下回りました。


第2回「Brains VS. AI」大会(2017年1月)、結果は、AIの圧勝。
カーネギー・メロン大学が開発したAI「Libratus」と4人のトッププロが対戦。
プロは全員マイナス。「Libratus」は176万6250ドル(約2億円)の大勝。


※AIは赤のグラフです。


第3回「Brains VS. AI」(2017年4月)、結果は、AIの圧勝。

「Libratus」の後継機「Lengpudashi」と6人の中国人トッププロが対戦。
「Lengpudashi」は79万2327ドル(約8600万円)の大勝。

 

AIはスマホレベルで実現できるようになるかも

初戦のみ苦戦が見られましたが、以下はAIの圧勝という結果です。
ここで一番気になったのはAIの性能向上のスピードです。「Libratus」はアメリカ・ピッツバーグにあるスーパーコンピューター「Bridges」を使用していますが、おそらくその費用は数十億円もしくは数百億円規模だと思われます。どんなにAIの性能が高くてもこれほど高価なものになると、現実レベルでの活用はまず不可能です。

しかしながら、「Libratus」の共同開発者でもあるノーム・ブラウン氏は、「AIが次第に低価格になっていき今回の対戦で使用された演算力は2万ドル未満で手に入るようになる。また、5年以内にスマートフォン上で稼働するようになる可能性がある」語っています。(2017年のインタビューにつき、あと3年です)

少し前の記事「カジノテーブルでの携帯禁止に思うこと」でも書きましたが、今後、テクノロジーの進化によって新たなギャンブル必勝法が登場する可能性があります。ということで、テクノロジー関連情報は、これまで以上にアンテナを張っておきたと思います。

<2月25日追記>
WIREDが「Libratus」のその後を紹介していました。
AIの軍事利用の賛否は別にして、そのぐらい優秀という話ですね。
「ポーカーで人間に勝ったAIが、米国の軍事戦略を後押しする」


<以下、参照記事>

「人間 VS. AI」シリーズ

●シリーズ1回目(2017年01月10日)
不完全な情報で最適な手が読みにくいゲーム「ポーカー」で人類対AIの頂上決戦「Brains VS. AI」が開
催される

●シリーズ2回目(2017年01月31日)
人工知能と4人のプロとのポーカー対決は人工知能が完全勝利

●シリーズ3回目(2017年04月13日)
「AI対ヒト」のポーカー対決で人工知能が再び勝利、6人を相手に5日間の戦いを制して3000万円ゲット

●シリーズ4回目(2017年11月22日)
「ポーカーで人間を打ち負かしたAI」が世界を変える、天体物理学を愛するポーカーのプロが語る可能
性とは?

●シリーズ5回目(2017年12月26日)
不完全情報ゲームのポーカーで人間を倒したAI「Libratus」が採っていた戦略が論文で公開される